HOME > 九段健康生涯塾 > 講演会 > 講演会後記:第3回九段生涯健康塾 奥野哲治先生による『血管新生と血管内治療』

九段健康生涯塾

講演会後記:第3回九段生涯健康塾 奥野哲治先生による『血管新生と血管内治療』

2010/01/26

第3回九段生涯健康塾 講演会

会期: 2010年1月21日(木)

会場: ホテルグランドパレス

 

講演1:『血管新生と血管内治療』

    奥野 哲治 先生(Clinica E.T. 院長)

講演2:『最新のがん治療事情 ―特に樹状細胞がんワクチン治療について』

    阿部 博幸 先生(国際統合医学会理事長)

 

独自のカテーテル利用法を用いた血管内治療を確立し、多くの難病や末期がん患者を救っているクリニカE.T.院長の奥野哲治先生。

 

がん細胞は血管の形成を促す物質を放出し動脈から新生血管を引き寄せ、静脈も作り出して栄養や酸素を摂り込むことで、成長・増殖・転移をしていきます。
奥野先生はこの新生血管に、カテーテルを挿入して直接薬を投与することで、がんの栄養補給路を断つという大変画期的な治療法に取り組んでいます。患者さんへの負担も少なく、患部へのピンポイントの治療なので最大限の効果も期待できます。この治療はがんのみならず血管新生を特徴とするリウマチなどにも有効です。
 
がん治療の選択肢のひとつとして多くの患者さんに知っていただきたい治療法であると、本日の講演を聴いて改めて実感いたしました。
 
奥野先生は日々全国からいらっしゃる大勢の患者さんの治療にあたりながら、臨床研究、後進の育成にも力を注いでいます。全身全霊で血管内治療に挑んでいる姿がとても印象的でした。
 

 



ページトップ

"
Copyright KUDAN