HOME > ドクター阿部のBLOG > 私的COLUMN > 25周年記念の感謝の式典(1)

ドクター阿部のブログ

25周年記念の感謝の式典(1)

2013/10/23【私的COLUMN】

去る921日の土曜日。ホテルオークラの平安の間にて、医療法人社団博心厚生会創立25周年記念式典と祝賀会(感謝の会)を開きました。

私が九段の地に九段内科クリニックを創業したのが1988年、それから25年経ったわけで、あっという間でもあり、長い道のりでもありました。その間に診た新患様の数は約66000人。千代田区の人口(約47000人)を遙かに上回る数です。また、九段クリニック健康診断人間ドックを受けた患者様は32万人ほど。全国からいらっしゃるのですから、こうした数字を見ても、非常にアクティブなクリニックだったなあと思います。

そこで、このクリニックの創立25年の節目にあたって、お祝いと感謝の意味を込めて式典と祝賀会を催したのです。祝賀会というよりも、ふだんお世話になっている方々への感謝の気持ちを表したもので、患者様を中心に、我々をサポートしてくれている先生方、医療関係者等、総勢400人ほどをお招きして楽しんでいただきました。

 

対談_393.jpg

 

 

一部は記念式典、二部が祝賀会の2部構成としました。

 

第一部は25年も続けられてきたことへの感謝の気持ちと同時に、これからの九段クリニックの将来像も提示させていただきました。

それと同時に、次期理事長として阿部みな子医師を皆さんにご紹介しました。

 

みな子は私の長女です。アメリカのカリフォルニア大学バークレイ校を卒業してのち、ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校(The State University of New York at Stony Brook)で医学を修め、その後長年にわたり米国コロンビア大学附属セントルークス・ルーズベルト病院で勤務。
手前味噌ですが、医師としての能力はアメリカでも評価が高く、今回私の後を継ぐことになったのも、九段クリニックの発展を確実なものにしてくれる人材であると確信したからです。

 アメリカ暮らしが長かったためか、壇上の挨拶で日本語のアクセントがややあやしくなっていたのはご愛敬としてご容赦ください(笑)。

 

続く



ページトップ

"
Copyright KUDAN