HOME > ドクター阿部のBLOG > 私的COLUMN > 2012年の総括

ドクター阿部のブログ

2012年の総括

2012/12/31【私的COLUMN】

2012年も慌ただしく過ぎて行きましたが、非常に充実した一年であったと自負しています。
今回はそんな一年の総括です。

 

今年一番のニュースといえば、
8月13日に、がんの個別化医療を実現するクリニックである
「アベ・腫瘍内科・クリニック」を開院することができました。
科学的根拠に基づくがん免疫療法をコアに、
サポーティブテラピー/ケアの手法を組み合わせた治療ができること、
また、不安をお持ちの患者さまに、
広いスペースでゆったり治療を受けられる環境をご提供できるようになりました。

  

何より、このクリニックで提供している「ハイブリッド免疫療法」は、
従来型の「樹状細胞療法」を進化させ、患者さまへの負担を少なくした治療法です。
免疫細胞療法の技術革新も年始の目標のひとつであり、実現できたことを心から嬉しく思います。

 

【がん免疫細胞療法の技術革新】
●アフェレーシス不要で、わずか25ccの採血で、
 新樹状細胞ワクチンとNK細胞、両方の作成が可能になりました。

 

●がんワクチンを凍結保存する必要がないため、
 鮮度が高く高品質のがんワクチンで治療できます。

 

●ヒトWT1たんぱく質の全配列をカバーする新しいWT1を用いることで、
 HLAのマッチングに関係なく、すべての患者さまにがん免疫細胞治療が可能になりました。

 

さらに、患者さまのための医療を追究する中で素晴らしい出会いがあり、
新しい試みを始めることができました。
立体音響を使った「4Dバイオサウンド・セラピー
がん治療専用に開発されたイタリア製の温熱機器を使用した「オンコ・ハイパーサーミア
いずれも、アベ・腫瘍内科・クリニックに導入しています。
装置自体も素晴らしいものですが、開発された方々が素晴らしい人たちでした。
患者さまの役に立ちたいという熱い思いで開発されたものです。

 

これで、ようやく治療の環境が整ったと思っています。

 
来年の抱負は次回に譲りますが、
来年は今年撒いた種を大きく育てる年にしたい。
さらなる進化を具体的に目論んでいます(笑)。お楽しみに。
 

 

さて、今年も大変お世話になりました。
皆様、良い年をお迎えください。

 



ページトップ

"
Copyright KUDAN