HOME > ドクター阿部のBLOG > 私的COLUMN > 2011ノーベル生理学・医学賞発表に際して

ドクター阿部のブログ

2011ノーベル生理学・医学賞発表に際して

2011/10/04【私的COLUMN】

皆様ご存知のことと思いますが、
昨日10月3日、2011年のノーベル生理学・医学賞が発表され、
3人の免疫研究者が受賞いたしました。
  
このニュースは、受賞者が亡くなっていたと言う面でばかり取り沙汰され
研究成果の本質が見えないことが非常に残念ですが、
ボイトラー氏とホフマン氏は「自然免疫」の解明、
スタインマン博士は「獲得免疫」で重要な役割を果たす「樹状細胞」を発見した研究者です。
九段クリニックのハイブリット免疫療法は、
まさに彼らの研究を臨床に応用したものなのです。
 
私自身も、昨年の秋に、スタインマン博士が創設した
『Dendritic Cell & Vaccine Science』という学会の
スイスで行われたフォーラムで学術発表を行いました。
ですから、博士が受賞の報を知らずに逝去されたことは残念でなりません。
  
彼らの基礎研究の成果ともいえるハイブリッド療法の詳細については
またいずれここで改めてご説明しますが、
せめてこの度のノーベル生理学・医学賞が
医療の新時代を拓く「獲得免疫」「自然免疫」の研究成果を称えるものであり、
これを応用した樹状細胞療法やハイブリット療法で
実際に多くの人が救われている事実を知っていただきたいと思います。
 
 
まずは、
ラルフ・M・スタインマン博士の逝去にお悔やみを申し上げ、
輝かしい受賞に心からのお祝いを申し上げます。
  
  
阿部博幸



ページトップ

"
Copyright KUDAN